2005年05月17日

続・実名と匿名

引き続き松岡様のブログより。


読売新聞「ヒゲ記者」事件で考える匿名と実名の功罪

にて、先日の当方のエントリーが引用されておりまして拝読したわけです。
(機会があれば…とのことでしたが、仕事が早いですね。さすが。)

なるほど、シチュエーションによる場合分けは必要かなと思いました。

特に、一度負の印象を植え付けられた方の名誉回復というのは
非常に難しい問題です。

記憶に新しいところでは松本サリン事件の河野さんでしょうか。
オウム一派の行状が判明するにつれ、今でこそ河野さんの事を悪く言う人は
居ないわけですが、やはり印象を払拭するには相当時間がかかるのですね。

さらに最近の例では、亜細亜大学の野球部員が
集団痴漢行為を働いたことでニュースとなったものの、
その後、嫌疑不十分で不起訴処分となっていることを知らない方も
大勢おられるようです。(google調べ)
(事件そのものが捏造だったのか、単に警察の捜査がまずいだけなのか、
事件の真偽の程は明らかではありません)

そのような観点で言うと、
私の先日のエントリでの主張も穴だらけである事を
認めざるをえないわけです。

とはいえ、乗りかかった舟ですので
後出しながら補足させていただく事にいたしますと、

最初から完全に偽名・匿名で発信した場合と
ある程度身元の割れた、実名と紐付けされたハンドルネームなりで
発信した場合とでは大きく記入者の心構えが異なるはず、
という事はまず考えられると思います。

匿名掲示板ですら今の警察の手にかかれば
限界はあれど個人特定は可能という事が分かっているはずなので。
(まだ犯罪予告などで逮捕される連中もいるが…)

当然、自作自演や普段と異なる「捨てハン」での書き込み、
さらに身元を騙っての誹謗中傷なども現れてくることは懸念されますが
ある程度技術でカバーできるのではないか?とも考えています。

ネットでの既存技術でいえば、IPアドレスの記録されている状況であるならば
警察でない第三者が類推する事は可能ですよね。

さらに踏み込むんで考えるのであれば、
例えば、情報を発信した際に端末が特定できる、暗号化されたコードが
自動的に埋め込まれるツールの登場も考えられます。
電子透かしの汎用版とでも言えばいいのか。

前回のエントリより引用しますと
自分が思うに、何かしらの情報発信を行う者は
その責任を負う義務があり、その情報の発信者の記載は
(例えば、署名)必要とは感じます。が、

この、(例えば、署名)というものは、そのような物があっても
いいのでは?という考えで、少し含みを持たせてみました。

ここまで書くと、やれ権利侵害だとか、政府による検閲だとか、大昔に
インテルCPUの固体IDやクリッパーチップで火がついた問題とかぶってしまうので
あくまで一個人の意見というレベルで留まらせていただきます。

私はそういうシステムの実装が義務付けられても
別に痛くも痒くもありませんし、むしろそういう物の登場を
望んでいたりもします。

しかし現時点でもはっきりと言えることは、
自分が世に出したものの全て(情報・著作物全て)に
最後まで面倒を見る自信があるかどうか、
その心構えさえあれば、私は匿名での発信であっても構わないと考えます。


最後に…
外野で吼えているようで申し訳ないのですが、
苫米地先生のブログでは、読売記者の実名は少なくとも会見の場では
明らかであったはずだ、とあるのですが…

では、なぜ新潮だけが報道したのでしょうか?
問題と感じた視聴者が少数だったから?
私が見聞きした限り、読売記者の行動を擁護するような意見はごくごく少数でした。
(もちろん、JRの方がさらに悪い、という主旨の意見は多数存在したが。)

であるならば、多少のタイムラグがあったとしても、
問題提起として複数の媒体により読売新聞の名が暴露されても良いように感じます。

やはりマスコミ業界内部にのみ適用される、不文律や不可侵な聖域が存在するのでしょうか。
一般人と業界人の意識に乖離があるとするならば、それも問題ではないでしょうか。


ニックネーム いそはち at 05:10| Comment(3) | TrackBack(4) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

トラバ、ありがとうございました。
拝読し、触発されてイメージがわいたので、
私も新しいエントリーを立てました。
文中で、また引用させていただいています。
何が抑止力になるかについて、
ちょっと意見がちがいますが、他意はありません。

よろしくお願いします。
Posted by 松岡美樹 at 2005年05月18日 01:20
福田様、TBありがとうございます。

大変わかりやすく整理されており、理解が進みました。
(理解した気になっているだけなんだろうけど…)
Posted by いそはち at 2005年05月22日 12:24
こちらこそ、いそはちさんのご意見を勝手に引用させて頂き失礼しました。今後とも貴重なご意見楽しみにしております。
Posted by 福田 at 2005年05月23日 17:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2127
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

匿名の心理、実名の心理〜暴言の抑止力になるものは?
Excerpt:  書くときに実名やコテハンを明示すると、なぜ罵詈雑言の抑止力になるのか? ズバリ、私は「世間体」だと思う。この点についてブログ「綾繁重工杜内報」さんから、再度異なる意見が寄せられた。そこで今回は匿名と..
Weblog: すちゃらかな日常 松岡美樹
Tracked: 2005-05-18 01:15

実名ブログの浸透可能性(2)─議論の俯瞰図
Excerpt: 前回のエントリ「実名ブログの浸透可能性」にコメントとトラックバックをお寄せ頂いた皆様、ありがとうございました。巷でも実名・匿名問題の議論が賑わっているようで、こうした議論がなされることは大変有意義に思..
Weblog: 福田::漂泊言論
Tracked: 2005-05-22 09:23

戦後日本システム崩壊の前兆(1)地下鉄サリン事件=霞ヶ関支配の終焉 2003.12.X 初出
Excerpt: 90年代後半から、一年に一度は 訳の分からない事件、のニュースを聞くようになり ...
Weblog: 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
Tracked: 2005-07-30 06:03

新築よりもリフォーム?
Excerpt: 新築住宅が景気後退から、不景気と成るとメッキリ減り、 お客様1に対して業者20位な割合に成って来ました。 当然新築だけでは倒産です。 各社で、過去の建てたお客様の総当たりが始まってきまし..
Weblog: 建築バカ日誌
Tracked: 2007-04-17 20:46